JOURNAL

入社1年目・遠藤「遊ぶことが仕事への力の源」

【遠藤 智美】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、現在はイーソーコ株式会社に配属。

遠藤です。

今回のテーマは「新社会人にむけてのアドバイス」

 

自分がもう少しこうすればよかったかなと思うことは、『目一杯遊ぶこと』です。

『学生はお金はないけど時間はある、社会人はお金はあるけど時間がない』とよく言われていますよね。

その言葉を、社会人になった今ひしひしと実感しています。

 

まず、社会人になると学生時代と比べて自由な時間が少ないです。

朝から夕方まで勤務し、勤務後に遊ぶとなると、出来ることも限られてきます。

 

私はディズニーの年間パスポートを持っているので、仕事後に行くこともありますが、最近は仕事が終わるころにはヘトヘトで、まっすぐ家に帰って自宅でゆっくり過ごすことが増えてきました。

また、社会人になると友人たちも忙しくなるので、学生の頃に比べると自然と会う回数が少なくなってきます!

 

私は学生時代の卒業旅行で2週間で3箇所(香港→鬼怒川→北海道)と怒涛のスケジュールを敢行したので今でも良い経験だったと思います。

香港では国ならではの料理に舌鼓を打ち、鬼怒川では温泉で癒され、北海道では趣味の劇団四季を観劇しに行き、本当に卒業旅行を満喫しました!

この2週間は本当に大切な思い出で、社会人になってからも短いながらも旅行に行っています。長期間の旅行はなかなか行けませんが、程よい旅行がリフレッシュになっています。

 

いま学生の皆さん、社会人になる前に思いっきり遊んでください。

やりたいことがあったら、迷わずやっておくべきだと思います。

やらなかった後悔は、思ったよりも自分の中に残るものです。

 

社会に進むまでの時間、皆さん精一杯楽しんでください!というのが今回の私のアドバイスです。