JOURNAL

入社1年目・石井「学ぶ姿勢の大切さ」

【石井 雅也】
2020年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、現在は株式会社イーソーコドットコムに配属。

はじめまして。今年度入社の石井です!

 

現在入社してから早6ヶ月が経過しました。

 

私たち新卒は4月に全体研修を行い、社会人としての基礎を学びました。

その後、5月からジョブローテーション研修を行い、物流・不動産・建築・管理などの業務を経験しました。

 

今回はジョブローテーション研修を経て、感じたことや気を付けていたことなどをお話したいと思います!

 

私がジョブローテーションを経て大切に思ったことは、「目的を持って学ばないと、何も得られない」ということでした。

 

不動産であればお客様訪問や物件・案件の対応、物流であれば入出庫作業や倉庫内整理、管理であれば全館検針や工事管理、建築であれば企画・計画や工事立ち合いのように、各部署でたくさんの仕事を覚えなければなりません。

 

各部署には、優しく教えて下さる先輩方はいますが、何も考えずにただ日々の業務をこなすことになると、1ヶ月間何も成長出来ずに終わってしまいます。

 

各研修が始まる際に、事業部説明をして頂けるので、そこで得た知識を活かし、どう学ぶかなど予測をしてから、各業務の研修を行う事で、日々『学び』について意識するようになりました。

 

私自身も気の緩みで、ただ業務をこなすことを続けてしまった日々がありましたが、日報や振り返りプレゼンのことを考えると、「何を学んでいるだろう」と考え、『学び』の意識を持って研修に臨むことが出来るようになりました。

 

ジョブローテーションは、たくさんの業務を経験出来ることが最大の特徴ですが、一方で何も考えないとただ覚える事が多くなり、苦労に変わってしまうことがあります。

 

ですので、これからも『学び』というものを意識して、ジョブローテーションからたくさんのことを学びたいと思います。

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら