JOURNAL

入社1年目・松本「物流不動産ユーティリティープレイヤーの先輩方」

【松本 瑞生】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、現在はイーソーコ株式会社に配属。

松本です。

今回のテーマは「新人から見た先輩の話」です。

 

私が所属しているイーソーコ株式会社と東運ウェアハウス株式会社は、不動産会社と倉庫会社という事もあり、物流と不動産、どちらの業務も柔軟に対応できる先輩方が多数います。

 

倉庫を探しているお客様のお問い合わせ対応や倉庫オーナー様の大切な資産の賃貸を行う際に、より良いご提案ができるかに関して、物流の現場を肌で感じて理解しているのに加えて、不動産についての知識もある先輩方の対応を見て常日頃学んでいます。

倉庫内の荷物の保管方法やトラック等の配送、フォークリフトや倉庫内作業に関する機械類の電気設備、事務所等の倉庫内造作の工事関係といったお客様に必要なことをヒアリングし、話をしている姿は、物流も不動産もわかっているからこそ出来るものだと感じています。

 

特に、倉庫内に保管するものや作業に関して、保管するものの大きさや高さ、匂い、重量、音、保管形式の積み方や倉庫内温度など、作業で言うと包装等の軽作業なのか、大型の機械を倉庫内に入れて作業するのかなど、お客様ごとに多種多様な特徴があるので、難しい問題にも1つ1つ丁寧に対応しているところはさすがプロだと感じ、早く自分もこうなりたい、と思っています。

 

そして、何より先輩方にお客様が安心して任せてくださるのは、日頃から会社内でも「感謝と挨拶」といった基本的なことを実践しているからこその信頼と実績があるからだと思います。

 

思い返してみると、私の入社1ヵ月目の研修では、ビジネスマナーや挨拶、報連相の仕方といった基本的なことはもちろん、動画やSNSといったIT活用のプログラムも多くありました。

まもなく次の新人の入社を迎える立場ということも踏まえて、新入社員の見本となるように取り組んでいきたいと思います。

 

そして、イーソーコグループが掲げる「物流不動産ユーティリティープレイヤー」になれるよう、物流や不動産に限らず、運送やIT等の多種多様な分野に精通し、壁を作らず、常にあらゆることに挑戦していきたいと思います。