JOURNAL

入社2年目・松崎「多動力のその先」

【松崎】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、現在は株式会社イーソーコ総合研究所に配属。

松崎です。

私は、建築業に重きを置きつつ、物流不動産ビジネスの営業にも携わっております。

 

全く違う二つの業界に身を置くことは、大変ではないか、どちらか一方に注力していた方が効果的にスキルアップに繋がるのではないか、と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

物流施設のリーシングにおいて、その使用用途はお客さんによりけりです。

食品を荷として入れるのであれば、冷蔵・冷凍設備などが必要になるので、荷の形状や特性によって倉庫に求められるスペックは変わります。

また、配送システムや搬出入路、使用するトラック・コンテナの車種によっても、需要が変じます。

そういった際に、需要を満たせるように造作・改築の提案、場合によっては新築の計画まで行うケースもあります。

 

また、近年需要の高まる倉庫以外の用途、事務所やスポーツ施設としての倉庫コンバージョンであれば、倉庫内部の作り込みやインフラ設備の増設工事が必須となります。

 

このように、倉庫リーシングには、工事がセットであり、これらへの提案をワンストップで行うには、複合的な知識が必要になります。

建築業をやっていることで、得た知識やノウハウを物流不動産ビジネスというフィールドで活かすことができるのです。

 

物流不動産ビジネスは、物流のフィールドにおいて不動産の戦術を取り込んだ営業活動を行うと同時に、倉庫を軸に生まれる需要に多角的に解決策を提示して収益化させます。

 

物流とは、一業界に留まらず、あらゆる業界を下支えするインフラのようなものです。

物流を知るということは他業種を知ることでもあり、他業種において秀でるに当たっても、物流の知識は必要になる場合が多いのです。

 

イーソーコグループでは、物流×不動産に留まらず、ITや建築、金融、倉庫業、運送業の知見を取り入れ、多分な需要にソリューションを提示できる体制を取っております。

また、それだけでなく日常における気づきや趣味、前職での経験すらも広く活用できるのが物流不動産ビジネスの醍醐味と感じております。

このように幅広くお客様の悩みを解決できる人財の育成にも力を入れておりますので、是非ご用命ください。

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら