JOURNAL

入社2年目・永井「尊敬する先輩」

【永井 大揮】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、東運ウェアハウス株式会社に配属。

 

永井です。

今回のテーマは、新人から見た先輩についての話です。

私は東運ウェアハウス株式会社にて、倉庫業をメインに仕事をしています。

 

ウェアハウスの方たちは仕事の良し悪しをはっきり言ってくださるので、私の性格に合っていると感じています。

また、説明する時も聞き手が理解できるよう相手に合わせて説明してくださるので、とても分かりやすいです。

 

今回は2名の先輩社員を紹介したいと思います。

まずは、東運ウェアハウスにて現場業務を教えて頂いた砂川主任です。

 

砂川主任は仕事中、必要以上に話さない方で、端的に仕事を教えてくれます。

分からない事などを聞くと、わかりやすく無駄なく教えてくださいます。

また、自分で考えて仕事をさせてくれるので、私の性格には合っているなと勝手に感じています。(笑)

休み時間は気さくに話しかけてくださるので、仕事中のオンオフがしっかりしていて尊敬しています。

照れ屋なのでなかなか写真は撮らせてくれませんが…(笑)

 

次は、イーソーコドットコムに所属している橋本係長です。

 

 

橋本係長も前述の先輩方と同様に、仕事の良し悪しをはっきり言ってくださる先輩です。

挨拶などの社会人マナーが社内で一番長けており、自分にとって一番足りていない部分が『マナー』なので、尊敬しています。

また、アドリブ力もあり、自分では対処できない事をお願いしても、即興でこなしてしまうのでいつもすごいなと思っています。

 

自分の中で“困ったときの橋本係長”なので、自分も“困ったときの永井”になります。