JOURNAL

入社2年目・坂本「動画を作るために」

【坂本 彩香】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、株式会社イーソーコドットコムに配属。

坂本です。

前回の投稿で写真を撮るにあたり気を付けていることをお話させていただきましたが、今回は動画作成についてお話させて頂こうと思います。

 

動画作成に必要なものは2点のみです。

・編集ソフト

・動画素材

この2点さえあれば誰でも動画を作成することができます!

 

突然ですが、ここで問題です。

『1時間のセミナーが開催され、その時の状況などを3分程度の動画にしてほしい』と依頼されました。

皆様は編集時間と動画素材の撮影時間、どちらの方が時間が掛かると思いますか?

 

私は動画に関わり初めの頃、趣味程度にしか理解していなかったため、『撮影よりも編集を凝れば上手くいくだろうから、編集の方が時間かかるでしょう。』と思っていました。

 

ですが、実際は動画素材の撮影時間の方が長いことが多いです。

何故ならセミナーは時間が長く、動きもあまりないため、視聴される方が飽きないよう工夫するための映像を撮影するからです。

 

 

工夫の仕方としては、セミナーの映像だけでなく、セミナーの受付をしているカットや受付待ちの行列、弊社の営業マンがお客様と会話している様子などを撮影します。

すると、セミナーの内容だけでなく、どのくらい来場したのか、会場の雰囲気や社員の人となりが分かるようになります。

 

今回、セミナーを例題に話しましたが、動画作成はセミナーの時だけではありません。そのため、撮影の内容によっては編集時間>撮影時間となる事もあります。

私が動画編集を行っているのは研修で使用できる様な映像や、記録用の映像、イーソーコドットコムHPのPLAYERS記事であったり、Instagramの動画など、様々な用途で動画を利用しています。

 

動画を作成する上で心掛けていることがあります。

それは、何を伝えたいのかを一番に考えることと、『視聴される方が飽きない内容は何か?』『伝えることだけでなく、何を知りたいと思われているのか?』などを考えることです。

 

現在、コロナの影響もありセミナーなどの大々的な集まりは開催されていません。

ただ、先にも述べた通り、動画作成にも用途が色々あります。

今ある技術を磨き、より一層皆様に伝わりやすい飽きない動画をお届けできるようにこれからも精進していきます!

 

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら