JOURNAL

入社2年目・鳥居「新規オフィスの利点」

【鳥居 真太朗】
2018年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、イーソーコ株式会社に配属。
人事として採用に関わりつつ、営業マンとして奮闘している。

皆さんお久しぶりです。営業2年目の鳥居です。

 

イーソーコグループは7月1日から芝浦の第3東運ビルから海岸の五色橋ビルへ、オフィスを移転しました。

今回は私たちが働いているオフィスについてお話したいと思っております。

 

現在入居している五色橋ビルのエレベーターで7階に上がると、赤い絨毯が広がっており明るい雰囲気のエントランスになっています。

オフィスのコンセプトも“劇場を思わせるようなオフィス”という事で、会議室側の床の方がエレベーターホールの床よりも高く設定されております。

会議室の数も以前のオフィスより増え、たくさんのお客様をお迎えできるようになりました。

今年はこのジャーナルにも投稿している入社1年目の後輩たちが10人も入社したおかげで、社内がとてもフレッシュな雰囲気になったと感じています。

同じオフィス内にはグループ会社がたくさんあるのですが、基本的に壁を付けていないので、コミュニケ―ションがとりやすい職場となっております。

 

来年度入社の内定者も決まっており、社内の若手の比率が多くなってくる中で良い先輩になれるように頑張っていこうと思います。