JOURNAL

入社2年目・山﨑「活きた情報に常に触れる事」

【山﨑 翼】
2018年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、東運ウェアハウスに配属。
2019年10月よりイーソーコ株式会社に配属

山﨑です。

2019年10月に物流不動産部の営業に配属され、早くも3ヶ月が経ちました。

最近の「私の1日の流れ」について紹介します!

 

■営業の1日の流れ

8:55 朝礼

9:10 新着物件確認

10:30 物件案内で外出

12:30 お昼

15:30 情報交換の為外出

17:00 物件案内で外出

 

こんな感じです!

営業は客先に訪問する外出を主軸として動いています。

 

営業先で求められるスキルは、「活きた情報を活用できること」です。

教えてくれたのは先輩で、「情報は鮮度が大切」という言葉がとても心に残っています。

 

配属直後は経験豊富な先輩の営業に付いて行き、会話を聞いていると様々な情報が行き交っていて、メモを取る事で精一杯でした。

ただそれだけだと、営業に付いて行くだけの存在になってしまうので、最近は車の運転や資料印刷などに加え、自分から会話に入れるように最新の「活きた情報」に触れ、お客様との会話に自ら参加することに重きを置いて動いています。

 

例えば、朝の外出までに率先して物件情報サイトの新着物件を確認して他社との情報交換で話してみたり、その情報交換で得たものを次の案内で話に出してみたりしています。

 

全ての情報が役立つわけではありませんし、自分一人で収集した情報だと上手く活用できない場面はまだまだ多いですが、数をこなしていく事で「先輩が連れていきたくなる人財」になれるように、これからも邁進していこうと思います。