JOURNAL

入社2年目・松本「物流も世の中も常に変わるものであるということ」

【松本 瑞生】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、現在はイーソーコ株式会社に配属。

こんにちは!松本です。

 

今回は、最近の情勢やイーソーコグループ業務についてお話したいと思います。

 

昨年から発生している新型コロナウイルスの影響が未だ収束しない中、多くの企業様においてテレワークの普及や生活スタイル、これまでのビジネスに変化が起きているかと思います。

 

イーソーコグループにおいては、賃貸倉庫・寄託倉庫のマッチングだけでなく、物流を通した様々なニーズに応えるべく、様々なサービスを展開しています。

 

荷物を運んだり、引っ越しだけに限らず、流通加工業務などあらゆる物流業務を行っている丸新運輸株式会社や、倉庫まではいらなくても、ちょっとした自宅の空きスペースを荷物置きに活用できるサービスを展開しているモノオク株式会社、さらに少量ですと、段ボール1箱から預かるシェアクラというサービスなども展開しています。

 

現在、私が取り組んでおりますモノオク株式会社の「カタヅクオフィス」サービスもまた、コロナウイルスの影響による現オフィスの見直し等から運搬・不用品回収・保管のニーズに対して対応しています。

各企業様によって様々なニーズがあり、一括して柔軟に対応させていただいております。
詳細はこちら→(https://note.com/monooq/n/n78fb0d30cff2)

 

これまで倉庫や物流に関する様々なお悩みに対して、ご提案させていただくことが主でしたが、今はオフィスに関する物流のご提案等も増えてきています。

そのため、運搬・回収・保管の手配や見積もり、現場調整等、自分自身の経験にもなりますが、ますます物流案件の内容も多様化しているなあ、と実感しています。

 

また、EC関連では個人で事業を始める方からのご相談も増えてきており、小ロット・小規模の案件も多いので中、どのように倉庫側と調整していくか、配送費をどうやって効率よく抑えていくか等の課題も多く、試行錯誤しているの部分もあります。

 

しかしながら、既存の物量の変動や物流委託作業の見直しもなされている中で、物流や物流不動産ビジネスも日々変動しているので、より一層営業として、新たなご提案やニーズをとらえて、適切に取り組んでいきたいと思います。

 

ですので、荷物・倉庫に関するご相談等をお待ちしております!
そして、日々の生活においても、いろいろなことにアンテナを張って常に学んでいきたいと思います。

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら