JOURNAL

入社1年目・大友「倉庫リノベーション営業」

【大友 円】
2021年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、現在は株式会社イーソーコ総合研究所に配属。

こんにちは! 21卒の大友です。

今回は「今の仕事について」お話しさせていただきます。

 

私は現在、イーソーコ総合研究所とイーソーコドットコムに所属しており、営業訪問やストラテジー、ビル管理、広報業務を行っています。

 

その中でも今回は、倉庫リノベーションの問い合わせ対応についてお話ししたいと思います。

 

先日、お問い合わせで倉庫をご所有のオーナー様から「倉庫を保管以外で活用したい」とのご連絡をいただきました。

要望としては「倉庫をリノベーションするか、如何なる活用法があるかを専門的視点から意見が欲しい」とのことでした。

 

お客様の希望やイメージをヒアリングしていくにつれ、倉庫をどのように活用していきたいかは明確ではあるものの、希望の用途で収益を得ることが可能なのかについて、不安を抱いていらっしゃるのが分かりました。

 

そこで、立地の優位性、賃料算出などの提案の他にも数々のリノベーション事例を紹介し、お客様のイメージをより具現化していきました。

その際、倉庫のリノベーションだけではなく、空きビルを改装して商業施設のように利用した事例も紹介しました。

様々な利用事例を用いた提案方法は、リノベーションを検討するお客様にとって非常に重要なポイントであると思います。

 

そもそもリノベーションはより物件の価値を高めることが可能ですが、その分コストや時間も必要となります。

そのため、専門性の高い知見を提供しなければなりません。

 

また、問い合わせいただいたお客様のご希望の用途として、実際に運営されている方や場所・会社の繋がりを提供しました。

 

これもイーソーコ総合研究所がこれまでに培ってきた実績や、多くの人や企業との繋がりがあったからできたことです。

 

今後は、改修など倉庫の建築の面においてお客様の力になれるよう、尽くしていけたらと思います。

さらに私自身も経験を積み、知見を活かした提案をオーナー様へできるように精進していきたいです。

 

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら