JOURNAL

入社3年目・坂本「マルチタスクに必要なこと」

【坂本 彩香】
2019年4月に新卒で入社。
6ヶ月間の研修を経て、株式会社イーソーコドットコムに配属。

こんにちは。坂本です。
以前のジャーナル記事で、本配属の部署に限らず、マルチタスクをしているということをお話ししました。

今回は、マルチタスクをこなすために何が必要なのかをお話ししようと思います。

 

私が一番に心がけていることは、「視野を広く持つ」ということです。

 

なぜ視野を広く持つことが大切なのかというと、マルチタスクといえど一人で仕事を行うことはありません。

目の前の業務だけを見ていると、他の仕事が漏れてしまったり、作業のすべてが中途半端になってしまったり、一緒に働く仲間に迷惑が掛かってしまいます。

しかし、広い視野を持っていると、自分の立ち位置を理解した上で状況を冷静に分析し、物事を俯瞰的に捉えることができます。

 

私も入社当初は、俯瞰的に見る事が出来ていない状態でスケジュールを組んでしまい、前日になってから急遽やらなくてはいけない仕事があることに気づき、先輩や後輩に負担をかけていました。

「視野を広く持つなんて自分には無理なのではないか」と思っていましたが、働くうちに先輩方が視野を広くするために何をしているのかを少し理解することができました。

 

先輩方の視野が広いと感じる瞬間は、後輩に指示を出している時だと思います。

 

弊社では物流不動産ビジネスに関連する事業の知識をもち、多領域でマルチに活躍できるプレイヤーを「物流不動産ユーティリティープレイヤー」と呼んでいます。

私も例にもれず物流不動産ユーティリティープレイヤーになるために、イーソーコドットコムのみの業務だけでなく、不動産・物流・建築等、いろいろな業務を行っており、後輩も同様です。

 

その中で後輩の負担にならず、且つ成長につなげるための見極めが上手い先輩社員に共通する点は、視野が広い、ということだと感じます。

 

もし誰かに業務をお願いする場合、一人で行う業務はほとんど無いので、後輩も自分が関わっている分野以外の業務を抱えている状態で声をかけに行くことになります。

なので、先輩後輩関係なく、一人のスケジュールを修正する際にも様々なところへの確認が必要になってきます。

 

そこでパっと「この人にここを助けてもらったらどう?」と言える先輩方はすごいと思います。

何度も助けられ、未だに報連相が遅い!とお叱りを受けることもあります。

 

しかし、そういった経験があったからこそ、視野を広く持つことの重要性に気づくことができ、意識をして仕事ができるようになりました。

私は視野を広く持つことで、発想力や分析力が高まり、どんな環境でも仕事に限らず、プライベートでもポジティブに行動できると思っています。

視野が狭いと固定の価値観に縛られてしまい、新しいことにチャレンジしようという意欲が生まれません。

これからはもっと物事を広く、俯瞰的に見る事を意識し、新たな価値観を得るため積極的に行動できるようになりたいと思います。

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら