JOURNAL

入社2年目・車「心掛けるのは具体性と完成度」

【車 榕蓉】
2021年6月 株式会社イーソーコドットコム入社。
現在は経理業務を中心に勤務。

みなさん、こんにちは。車です。

今回は私が仕事をする際に心掛けていることを紹介します。

 

それは、「具体性」と「完成度」です。

業務に取り組むにあたって、この2点については日ごろから意識するようにしています。

 

まずは「具体性」です。

仕事において、あらゆる場面で具体性は重要であると考えます。

 

業務指示を出す時、進捗報告をする時など、内容が曖昧では受ける方も戸惑ってしまうことでしょう。

業務でも引継ぎでも具体的な指示がなければ、いつまでに何をしていいか分からず、業務に取り掛かる前に時間を要してしまいます。

これはマニュアルでも同じことが言えます。

作った本人だけがわかるのでは、マニュアルとして機能しません。

もちろん詳細まで逐一伝える必要はありませんが、誰が見てもおおよそ分かるぐらいの具体性は必要なのではないかと考えます。

 

次に、「完成度」です。

こちらは具体性よりも、より意識して取り組んでいます。

 

仕事を行う上で期日を守るのは基本ですが、だからといって早く提出したものの完成度が低ければ修正や手直しが入ることとなり、最悪の場合、すべてやり直すということもあり得ます。

常に100%の完成度で提出できれば良いのですが、業務の兼ね合いや割ける時間等の関係もあるため、なかなか難しいです。

そういったときは、どの程度の完成度を求められているのかを見極め、それをすこし上回れるように工夫します。

 

経理業務では数字を扱うので、比較的高い完成度を求められますが、知識を得ることや経験を重ねることで完成度を引き上げていくことができます。

 

また、完成度を求めるあまり時間をかけすぎて、期日に間に合わないということはもってのほかです。

いくら出来が良くても期日に用意できなければ意味がありません。

ですので、慣れない業務に取り掛かる時には、自分はどのくらいの時間がかかったのか、どういった所が得意・苦手なのか分析しながら進めることがあります。

自分の強み・弱点を知ることで、仕事の調整がうまくできるようになります。

 

仕事はたくさんの人が関わって作り上げているものなので、共に仕事している人や次に業務に携わる人が少しでもやりやすいように、日々意識して取り組んでいきたいです。

.

■イーソーコグループ Facebookはこちら
■イーソーコグループ Instagramはこちら