PLAYERS

営業マン・学生さんの「言葉」に耳を傾ける

営業マン・学生さんの「言葉」に耳を傾ける

営業部 3年目

遠藤智美

営業事務と採用

業務内容は主に営業事務(ストラテジー)です。
その他に採用業務と総務経理業務を行っています。

営業事務はイーソーコの物流不動産ユーティリティープレイヤー(営業)の補佐として、社内でWeb上から物件を探したり、営業が入手してきた物件の提案資料を作成しています。
採用業務は新卒入社で就職活動をしていらっしゃる学生主体としており、説明会のセッティング、履歴書の確認、面接、採用まで、採用に関わるすべての業務を担当しています。
総務経理の業務では、社内で備品不足は発生していないか確認をしたり、社内環境改善の為の施策を練ったり、経理としては様々なテナント様に対し、毎月の賃料、水道光熱費などの御請求書を作成・送付を行っています。

様々な業務を行っている中で、特に楽しく感じる瞬間は、採用業務で面接に同席する際に学生さんの考えを聞く時です。
元々、私は読書を通じて価値観を増やしていくことが好きで、日ごろから本を読みふけっています。
面接にいらっしゃる学生さんの話には、自分にはない意見や話があり、それを聞いて自分の価値観を増やすことに非常に面白みを感じています。

営業事務の課題は「気遣い」

普段の日常で、自分で足りないなと感じるところは、「気遣い」です。
営業事務の話になりますが、基本的に外で活躍する営業のサポートをする部署です。
営業事務として、営業の皆さんが入手した情報を資料にしたり、それを元にお客様からの問い合わせの対応をしたりと、連携がとても大切です。
しかし、最新の情報を把握できておらず、古い情報のままお客様へご案内してしまったことがありました。

営業事務は社内にいることが多い為、周囲にアンテナを張ることで営業がどのように動いているのか把握し、そのような情報の行き違いが減らせると考えています。
営業の皆さんが、どの案件で動いていて、今何が必要なのか、ということをサポートするのが営業事務の仕事だと私は思っているので、そこが個人的な課題です。

それを克服するために意識していることは、常に連絡やメッセンジャーを確認することです。
また、今後取り組もうと思っているのは、『営業の皆さんとしっかりコミュニケーションをとること』と、『営業の方々が何を話しているのかを聞くようにすること』です。
・・・盗み聞きのように聞こえますが、違いますよ!(笑)
あとは、営業とストラテジーが所属する物流不動産部で週に一度営業会議を行っているので、積極的に参加し、どんな案件があって、どういうふうに動いているのかを把握していくようにしていこう、と思っています。

目指す理想は「安心できる面接」

採用業務で大切にしていることは、『学生さんの緊張をほぐす』ことです。
面接は学生さんがすごく緊張するので、言いたいことや考えていたことが言えなくなってしまう場面が多々あります。
言葉に詰まってしまったり、早口になってしまったりという姿を目にしてきて、緊張して言いたいことが言えないということは勿体ないですし、本人も悔しい思いをされているだろう、と感じていました。

せっかくイーソーコグループに面接に来てくださったのですから、「学生さんの本来の姿を知りたい!」という思いがあります。
そこで、私はまだ入社三年目で学生さんと年齢が近いということもあり、面接が始まる前に世間話をしたりして学生さんの緊張をほぐし、本来の力で面接に臨めるようにすることを大切にしています。

イーソーコグループの魅力は「若手のやる気を実現してくれるところ」

イーソーコグループの魅力は『やりたいことが出来る』ところです。
一年のうちに定期的に面談があるのですが、そこで「自分はこういうことがやりたいです。」と意見を出すと、挑戦する機会を与えてくれることがあります。
定期面談以外でも、上司と会話をしていて、「実はこういうことをやってみたいです。」と話しても、それを汲み取り、チャンスを頂けることもあります。
日常の会話からも拾い上げてくれるところは、とてもありがたいと感じています。

例えば、同期の浅野は、作家・ライターになるという目標を持っており、入社当時から「広報に携わりたい」と話していました。
浅野が入社してから、今までになかったHPへのジャーナル投稿やInstagramの定期投稿が始まり、彼女はいま広報課として活動を続けています。

イーソーコグループは、若手でもやりたいことに臨む機会を頂けて、夢の実現に向かって寄り添ってくれる会社です。

 

※2021年4月掲載
詳しくみる